どんな方法で綺麗にするのか

歯医者でのホワイトニング

病気の治療をする時だけ、歯医者に行くものだと思ってる人がいるでしょう。
しかしホワイトニングもできます。
汚くなった歯を、白く綺麗にすることが可能なので、着色汚れが気になっている人は体験してください。
ホワイトニングでは、特殊な薬剤を使います。
薬剤が歯に付いた汚れを落としてくれるので、真っ白い綺麗な歯になる仕組みです。

綺麗な歯を維持するために、毎日丁寧に歯を磨いている人がいるでしょう。
確かに歯磨きも、綺麗な歯を維持するために欠かせない行為です。
しかし、通常の歯磨きだけではどうしても磨き残しが出てしまうので、そのうち着色汚れが目立ってしまいます。
時々歯医者へ行って、ホワイトニングをするのがおすすめの方法です。

いきなり薬剤を使わない

薬剤の効果を十分に発揮できるよう、歯の状態をチェックします。
歯垢や歯石が溜まっている状態では、効果が半減します。
まずは歯にこびり付いた、歯垢や歯石を除去してもらいましょう。
通常の歯磨きでは、それらの汚れを落とすことはできません。
放っておくと着色汚れだけでなく、虫歯や歯槽膿漏など病菌の原因になります。

定期的に、歯のチェックを受けてください。
時間がある人なら1か月に1回、忙しくても3か月の1回程度は歯医者に行った方が良いです。
病気が起こっていることに早く気がつくと、症状が軽い状態で治療できます。病気になっている時は、ホワイトニングができません。
まずは病気の治療に専念して、それから歯を綺麗にしましょう。


この記事をシェアする